ドールマリアと暮らしています。

ドールマリアとの暮らしを綴る日記風ブログです。

祝!二周年!!

ドールマリアさんと私の暮らしが、本日(3月2日)で二周年を迎えました!

この一年も、私が作った微妙な出来のお洋服をたくさん、堂々と着こなしてくれました。
一緒に帝国歌劇団系のイベントへ行ったり、高乃麗さんを観に行ったり、映画を観に行ったり、カラオケに行ったり、プリクラを撮ったりもしました……。とても楽しい一年間でした。

今回も、お祝いケーキを買ってきて食べました。

↓去年は桜のケーキでしたが……

sakuma1903ria-dialy.hatenablog.com

今年はまた、別の感じのケーキを……。

↓こちら……

f:id:song_kimo:20230302210428j:image

かご盛り白らら(しらら)

私たちにぴったりのケーキです……!

白らら……しらら………らら……………

…………………

うらら…………麗!?(///▽///)

f:id:song_kimo:20230302210422j:image

…………ちょっと無理があるでしょうか……。
でも、店員さんが「白らら、あと○個です!」って別の店員さんに業務連絡してるのを「うらら」に空耳してニヤニヤしたりしながら買ってきたのです……(///V///)

気持ち悪いながらも楽しい推し活です。

f:id:song_kimo:20230302210407j:image

知らなかったのですが、人気のスイーツらしいです。
f:id:song_kimo:20230302210410j:image

このひたすらに白い見た目に引き寄せられてフラフラとショーケースを見に行ったら、店員さんが「この時間まで残ってるのは珍しいんですよ!」と声かけしてくれました。
去年が見た目映えな桜だったので、今年も華やかな感じでいこうかとも思っていたのですが、店員さんの声かけとお手頃なお値段と、考えるより前に引きつけられた真っ白な見た目でこちらのケーキに決めました。

↓真っ白ね………。

f:id:song_kimo:20230302210416j:image

↓いただきましょう……。

f:id:song_kimo:20230302210413j:image

普通のバージョンと春を感じさせるいちごバージョンがありました。
せっかくなので、今回はいちごバージョンを買いました。

f:id:song_kimo:20230302220840j:image

外見は真っ白なので分からないけど、中にはいちごソースが入っているのです。
果肉入りで美味しかったです(*^-^*)

f:id:song_kimo:20230302210419j:image

マリアさんのお人形が欲しい!」の一心だけで駿河屋さんのサイトをポチしたときは、ここまでドールマリアさんにメロメロになるとは思っていませんでした。

↓こちらの記事でも途中で脱線していろいろ書いていますが……

sakuma1903ria-dialy.hatenablog.com

お人形としてのかわいらしさとマリアさんらしさがよいバランスで成立しているのがドールマリアさんだと思うのです。かわいすぎる!

ちなみにですが、私はマリアさんの魅力を「カッコイイ」とか「クール」だけだとは思っていないので、「お人形としてのかわいらしさ」と「マリアさんらしさ」も相性抜群だと思っています……(*^-^*)
なんといっても、フィギュアではなくお人形なので……単純に二次元のデザインの立体化に拘ったものでなくていいと思うのです。そのキャラクターらしさを捉えていれば……。
ドールマリアさんはキリッとした目元に小さくニコッとしている口の表情が、本当にマリアさんらしいと思います。少し上目遣いになっているので、お写真を撮る角度によっていろいろな表情を見せてくれます。何か物言いたげな顏をしているように見えることもあります。実にマリアさんらしいです。
そしてそして、ジェニーちゃんボディもマリアさんの体型をお人形化するのにピッタリだったと思います!

セガとタカラの濃厚な打ち合わせによってできたものなのか、はたまた何らかの偶然で奇跡的にこうなったのかはわかりませんが…………

本当にかわいい!!(*^-^*)

20年以上前に発売されたお人形ですが、できるだけ末永くおつきあいしていきたいと思っています……!!

↓完食ね……。

f:id:song_kimo:20230302210425j:image

ドールマリアさん、うちに来てくれてありがとう!!

これからも、どうぞよろしく!!

 

このお店のケーキでした→バターステイツ by 銀のぶどう (butterstates.jp)

ドールマリアとボロボロの女の子③

ドールマリアとボロボロの女の子

 

sakuma1903ria-dialy.hatenablog.com

 

sakuma1903ria-dialy.hatenablog.com

実家にあった子供の頃のティモテさんをきれいにしたい!計画です。

とにかくハゲにしてしまった髪の植毛を!と思ってサランを選んでいたのですが、いまいちピッタリなのがなくて……通販でいろいろ買ったのですが、もとの(今の)髪色と同じのに巡り会えませんでした。できるならばできるだけ同じ感じにしてあげたいので、さらに通販で違う色を買ってみるか……とも思ったのですが、これ以上にお金をかけて思った色に巡り会えなかったらガッカリしすぎるな……と思って、ひとまず植毛のためのサラン探しは中断することにしました。

ドールイベントというのが5月の後半にあるらしく、そこでサランを実際に見て選ぶことができるらしいので、それを狙おうかと……。そもそもティモテさんと同じ髪色のサランは存在しないのかもしれないし、既に買った色のなかに最善があるのかもしれないのですが、見られるところは見て気が済んでから決めた方が後悔がないかと思います。

 

サランは5月を待つとしても、それまで進展なしなのもなんなのでボディのオキシ漬けというのをやってみました。

酸素系漂白剤を溶かした水(お湯)に変色しているところをつけて、太陽の光(紫外線)に当てると色が戻るとのこと……。詳しい科学的なことは調べたら出てきたけど、あまりよく分からなかったです(^_^;

酸素系の漂白剤と言えば、ドールマリアさんのお洋服を洗濯したときにスーパーで買ってきた粉のものがありました。
それでもいけるかしら……。

sakuma1903ria-dialy.hatenablog.com

先週の週末がちょうど3連休で様子を見ながらできるかと思って、金曜日の夜からボディを漂白剤につけ込んでみました。
オキシ漬けは紫外線が大事で夏の方が効果があるという話ですが、それ以外の季節でもじっくりやれば効果が出るとの情報も見たので、とりあえず1週間、朝に晩にとボディの面倒を見ていました。

3連休のうち2日ほど、うちにあったスーパーの酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を溶かした水(お湯)につけて外に出しておいたのですが、思いのほか効果が感じられず……。私がネットで収集した情報では「酸素系の漂白剤だったらなんでも効果がある」ということだったのですが……。

そこで、オキシ漬け体験談によく出てくるオキシクリーンというのを使ってみることにしました。
オキシクリーンは普通にドラッグストアなどに置いてあるのですが、よく体験談に出てきたのは「コストコのオキシクリーン」……何が違うの?(ーー;)
調べてみたら、日本(と中国?)で一般に売られているオキシクリーンとコストコのオキシクリーンとアメリカ版のオキシクリーンがあって、コストコアメリカには界面活性剤が入っているとのこと。界面活性剤って泡が立つやつですね。

体験談で「コストコのオキシクリーン」が出てくるということは、界面活性剤が入っている方がいいのかな??
コストコはうちの近くにはないんですけど、買おうと思えばアマゾンなどで買うことができます。ただ、量が多くて高いんですよね……。酸素系漂白剤、普通に洗濯とかにも使えて便利なのであるのはいいと思うのですが、そんなにたくさんはいらないかなと……。

容量的にも日本で一般に売り出されているオキシクリーンが使いやすいかな……でも界面活性剤は入っていないんだよな……と思いながらいろいろ見ていたら、同じく日本のドラッグストアで買えるものでオキシクリーンEXという商品には界面活性剤が入っているらしいというのが分かりました。

オキシ漬けに界面活性剤が関係あるかどうかは分からないけれど、「効果があった!」という体験を書いているブログなどで使用されていたのがだいたい「コストコのオキシクリーン」だったので、それに近いもので試してみたく、EXの方を買ってみることにしました。

今は冬ですし、夜も紫外線に当てられたら捗るのでは?と思って、100均でレジンや爪をやるときのUVライト(300円商品……)も買ってみたのですが、これはイマイチな買い物でした……。知らなかったんですけど、UVライトは1分もしないうちに勝手に消えちゃうんですね。ずっと点いてるイメージだった……(;▽;)

それでも少しでも紫外線……と思って使ってはいるけど……。

う~~ん……不便だし、1分以内の照射って意味があるのだろうか……。
ペット用のUVライトだとずっと点いているらしいですが、今度は大きくて値段が高いんですよね。……というか、ペット用のUVライトというものが世の中にあるということを知りませんでした。鳥とか爬虫類とか外に出せないペットに太陽光を浴びさせてあげる代わりに使うそうです。

漂白剤を溶かすのは水より40℃~60℃ぐらいのお湯がいいとのことだったので、ヤカンにお湯を沸かして水と合わせてそれらしい温度(テキトーです)にしてみました。夜は微妙に早めに寝て、朝は微妙に早めに起きて、お湯と漂白剤を混ぜてボディをつけて外に出したり、不便なUVライトで照らしてみたり……。寝ている間は照らせませんでしたが……。

金曜日の夜に始めたので、金曜日の出勤から帰ってくるまででちょうど1週間でした。途中で漂白剤を変えたけど……(^_^;

効果はこんな感じ。

前側

ビフォー

f:id:song_kimo:20240217165909j:image

アフター

f:id:song_kimo:20240217165906j:image

首から胸の上までの辺りです。


後ろ側

ビフォー

f:id:song_kimo:20240217165903j:image

アフター

f:id:song_kimo:20240217165912j:image

首から肩甲骨(ないけど)の辺り。

 

この写真だとかなり効果があったように見えますが、実物を見ると正直イマイチです……(;_;)
「効果があった!」という体験談を見てのチャレンジだっただけあって、期待が大きすぎたでしょうか……。それともやはり冬だったからダメだったのか……。天気自体はけっこう良い1週間だったんですけどね……ダメだった……?

願望混じりの気のせいかもしれないけど、効果があった……ような気はする……気はするので、もしかしてひょっとしたら、もっと長い期間をかけてつけておけばさらにはっきりした効果が出るのかもしれないですが、さすがにちょっとボディにダメージを与えすぎになる気がするので、この方法での漂白はここで切り上げることにします。
タカラドールで遊んだことがある方はご存じかと思うのですが、首からお腹までの部分と腰(パンツを履くと隠れる部分)のところと脚で主なボディが構成されています。今回の1週間オキシ漬けを試したところで、特に目的じゃなかった腰の部分が白くなってしまいまして……どうして…………オキシ漬けとは別の意味で漂白されてしまったのでしょうか……(T▽T)

イチかバチかで30年ものの黄変をなんとかできないかとオキシ漬けしてみたわけですし、お洋服を着てしまえば見えなくなる部分なのでそこまで大きくガッカリすることでもないのですが……。とりあえず全身を漂白剤にドボンするのは、ここまでにした方がいいような気がしました。

季節的な(紫外線量的な)問題もあるのかもしれないけど、「効果があった!」という体験談で期待していただけに残念です。
別の方法を試してみたいと思います。

 

難航しているわね……。

f:id:song_kimo:20240217204405j:image

 

今、ティモテさんは首だけの状態になっておりまして……できれば首だけになる時間を短くしてあげたいと思っていたので、かなりイメージ通りに行っていない進捗状況です……(泣)

そうだ、けっきょく界面活性剤がオキシ漬けに関係しているのかどうかはよくわかりませんでした。ただ、成分表を見るとスーパーの酸素系漂白剤には入っていないものがオキシクリーンEXには入っているというのは事実です。

スーパーの酸素系漂白剤は過炭酸ナトリウムだけだけど、オキシクリーンEXの方は他に界面活性剤とアルカリ剤(炭酸ナトリウム)というのが入っているようです。どれにどういう効果があるのかはよくわかりませんが……。


こちらのブログでは引き続き、ティモテさんをきれいにしたい!計画を進めていきたいと思います。
知識や技術や情報をお持ちの方、おられましたらコメントにてお寄せくださいますと喜びます。
よろしくお願いいたします。

 

 

「千年女優」のリバイバル上映

昨日、テレビで故今敏監督の「パプリカ」が紹介されたそうですが……
私は先日、「千年女優」のリバイバル上映を観てきました!
(コロナで寝込むより前の話です)

昨年9月には「パーフェクトブルー」がリバイバル上映されていて、それも気になっていたのですが近くの上映館はすぐに完売になってしまって行けずじまいでした。今回の「千年女優」もどうかな……と思っていたのですが、無事に観に行くことができてよかったです。

こちらは入場特典でもらえたミニポスターというもの……。

 

今敏作品が公開・上映されていた当時は確かまだ田舎のティーンだったと思います。ティーンのうちでもハイティーンだったかな……とは思うんですけど、あの頃はとにかく夢も希望もなくて何事にも気力がわかなくて……原動力になるほど元気に打ち込んで好き!と思えるものもなかったので、「パーフェクトブルー」も「千年女優」もたぶん親に連れて行かれていたレンタルビデオで観たのではなかったかと思います。

気軽に行ける映画館なんて一軒もないど田舎だったからね……気力がなくなると本当にテレビとラジオしかない生活だった……。テレビとラジオは電源を入れさえすれば何かしらが放送されているので……。

そんななかでも「千年女優」はけっこうお気に入りになった作品でした。

フィルマークスというレビューサービスのツイッターからの情報です。

これを書いている時点で、まだ少し劇場で観られるところがあるのかな?


往年の大女優・藤原千代子さんに、彼女の大ファンでもあった記者(というか映像制作会社の社長ですね)がインタビュー取材に行くところから物語が始まります。このインタビューを受けて千代子さんが喋った内容が映画の内容なのですが、事実を喋っていたと思ったらいつの間にか虚構の話になっていったりして、どこが本当に起こったことでどこが虚構(女優として演じた内容?)なのかがよくわからない感じになっています。ただひとつだけ、いつも同じなのは「いつも初恋の人を追いかけている」ということです。

かつてビデオで視聴したときは、ただただ藤原千代子という人の人生が煌めいているな!って思って、千年追い続けるって素晴らしいな!って思った感動だったのですが、今になって観てみたら、もっと違うものも見えてきたりしてとても面白かったです。

取材に行った制作会社の社長における、大女優・藤原千代子への推しっぷりがもう他人とは思えず……その真っ直ぐで全力な推しっぷりに共感と感動を禁じ得ませんでした(^_^;
すごいことです。彼女が別の人を好きでも、他の誰かと結婚しても、ずっと見守り続け……そして、電撃引退して姿が見えなくなっても「藤原千代子」を信じ続けた純粋な推しっぷり!そうよ、推し活って、これよ……!(T▽T)!

私もかつては三次元の人を「推す」という経験がなかったので……(あとおじさんは共感の対象にならなかったので)……見えてこなかったところだと思います。

音楽は平沢進氏が担当しており、ラストシーンからのエンディングテーマはどこか壮大なものを感じさせます。物語内で現実に「起きた出来事」としては別に壮大なことでもないのだけれど。そこまでに語られてきた藤原千代子という人の人生と呼応するかのようです!

世間では堂々の年齢制限もついている「パーフェクトブルー」の方がセンセーショナルで注目されるかとは思います。……が、「千年女優」もいいですよ!「初恋の人」を求めて走り抜けた藤原千代子と、推しを愛し続けたおじさん(笑)の命の煌めきが詰まっています!

映画が終わって劇場を出たら、今敏作品は初めてらしい若いお嬢さん二人組が「どこが現実でどこが作り事かわからなかったよね……なんか芸術って感じ……」「なんか……誘ってごめんね……」みたいな会話をしているのを聞きました。私的には、この映画、どこが現実かなんて、よく分からなくてもいいんじゃないかなって思います。「理解する」頭で考えて観なくてもいいんじゃないかと……。考えるな!感じろ!ですね……。

それが「芸術って感じ」になるのか……(^_^;

でも、この映画には事実よりも生々しい「煌めき」という真実が詰まっているんだよ……。(急にポエム)
それを皆様にぜひ目撃して欲しい……。

こういう「どこが現実なの?」っていう表現も、アニメならではだなって思います。
たとえば小説などでこの映像をそのまま文章に起こしたら、かなりSFな世界観になってしまいますよね……。
インタビューを通しておじさんが推しと共鳴している様を活き活きと描けるなんて、きっとアニメだけです。ドラマとかの実写でやってもギャグっぽくなるよね、おそらく。

最高の贅沢ですよね。推しが楽しく自由に話したいことを話しているところに、自ら勇んで共鳴しにいけるって……(*^-^*)


今回は本当におじさん側に激しく共感しました/(;´∀`)

 

……ところで、この入場特典でもらったミニポスターに描かれているのが女優時代の藤原千代子さんなんですけど……

泣きぼくろが帝劇のトップスタアを彷彿とさせます……。
サクラ大戦は1996年に出たゲームですが、この「千年女優」は2002年に公開されたものです。
かつては大女優といえば泣きぼくろのイメージだったのかな……?

今はそもそも、ほくろをチャームポイントにしたキャラがあまり見当たらないような気がしますね。
そういえば、そばかすキャラも最近は見かけない気がするな……。

 

今敏作品では確か「東京ゴッドファーザーズ」もわりと安心して楽しめるやつだったような気がします。これも昔ビデオで観ただけなので、記憶が遠いですが……。

今敏監督、早くに亡くなられて、とても残念です。
田舎でどうしようもない無気力生活を送りながらも、「また新作が出たら観たいな」と思っていました。